幻になった「9・8森プーチン会談」

日露交渉の舞台裏
Messenger

インタビューに答える森喜朗元首相=東京・虎ノ門(酒巻俊介撮影)

インタビューに答える森喜朗元首相=東京・虎ノ門(酒巻俊介撮影)

 シンガポールで行われた安倍晋三首相とプーチン露大統領の日露首脳会談を受け、北方領土交渉が本格的に動き出した。その裏には、安倍首相の後見役であり、師匠である森喜朗元首相の姿があった。「ヨシ」「ウラジーミル」とファーストネームで呼び合う森、プーチン両氏の20年近い友情の軌跡を追った。(石橋文登)=文中敬称略

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください