新防衛大綱4つのポイント なぜ、いま改定 自衛隊はどう変わる?

安倍政権考
Messenger

 政府は昨年12月18日、新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」と、平成31年度から5年間の「中期防衛力整備計画」を閣議決定した。防衛力の「抜本的な強化」と自衛隊の「役割拡大」を掲げ「真に実効的な防衛力」を獲得していくと宣言した。防衛大綱と中期防を4つのポイントで解説する。

背景

 防衛大綱の改定は平成25年以来となる。従来は10年に1度をメドとしたが、安倍政権はわずか5年で全面的に塗り替えた。なぜか。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください