アイヌは「先住民族」新法案に初明記 通常国会提出へ

Messenger

 政府が今月下旬召集の通常国会にアイヌ民族に関する新法案を提出し、アイヌ民族の地位向上や文化振興を目指してアイヌ民族を「先住民族」と初めて明記することが9日、分かった。法案はアイヌの人々が誇りを持って生活する環境の整備が目的。来年の東京五輪・パラリンピックに向け民族の共生を世界にアピールする狙いもあり、早期成立を目指す。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください