「竹島の日」式典、地元に焦燥感…噴き出す政府への不満

Messenger
「竹島の日」記念式典で挨拶する安藤裕・内閣府大臣政務官=22日午後、松江市(沢野貴信撮影)
「竹島の日」記念式典で挨拶する安藤裕・内閣府大臣政務官=22日午後、松江市(沢野貴信撮影)

 いわゆる徴用工判決問題など文在寅(ムン・ジェイン)政権下での日韓関係の悪化は、15年目を迎えた「竹島の日」にも影を落とした。韓国の不法占拠が続く竹島(島根県隠岐の島町)問題の進展が期待できない状況に地元の焦燥感はつのる。22日に松江市内で開かれた14回目となる竹島の日記念式典では日本政府に地元の不満が向いた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください