阿比留瑠比の極言御免

安倍総裁4選論が出てくるワケ

 安倍晋三首相の自民党総裁4選論が、3期目の任期を2年半も残し、首相自身も否定的なコメントをしている中で急浮上してきたのはなぜだろうか。それも自民党内だけでなく、野党議員も4選論に激しい反応を示している。

 例えば、立憲民主党の辻元清美国対委員長は記者団にこう語った。

 「私は悪夢を見ているのかなと思った。4選と聞いてあぜんとしたし、ちょっと想像を絶する」

 また、共産党の小池晃書記局長も記者会見でこんな感想を述べた。

 「まぁ、悪夢ですよね。よほど自民党、人材がいないのかなと思う。4選などは論外中の論外だ」

 ともに「悪夢」だと強調している。安倍首相が「悪夢のような民主党政権」と述べたことに引っかけた発言だろうが、この2人にとって悪夢なのであれば、案外望ましいことなのではないのかという気もする。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください