政治デスクノート

忘れられた明治憲法 公布130年で今一度見直す好機

 日本国憲法の施行から憲法記念日の3日で72年となった。社会は大きく変容しているが、その骨格となる憲法は戦後一度も改正されていない。

 野党第一党の立憲民主党はその名の通り、立憲主義の重要性を説く政党だと思われる。自民党は憲法改正を党是とし、安倍晋三首相(党総裁)は改憲に強い意欲を示すが、衆参両院の憲法審査会は野党のサボタージュにより今国会で事実上の「開店休業」が続く。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください