阿比留瑠比の極言御免

首相「条件をつけず」の真意とは

トランプ米大統領との電話会談を終え、取材に応じる安倍晋三首相=6日夜、首相公邸(鴨川一也撮影)
トランプ米大統領との電話会談を終え、取材に応じる安倍晋三首相=6日夜、首相公邸(鴨川一也撮影)

 「新聞はみな同じではありません」という、かつての産経新聞のCMコピーを思い出した。8日付の在京各紙朝刊が報じた安倍晋三首相とトランプ米大統領の電話会談の記事を、通読してのことである。首相が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と「条件をつけず」に会談したい考えを表明したことに関し各紙の「解釈」は大きく異なっていた。

 従来、首相は「対話のための対話では意味がない」と繰り返し述べてきたが、その言い方をここにきて転換したのはなぜだろうか。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください