単刀直言

世耕弘成経産相「輸出管理見直しはものづくり大国としての責任」

インタビューに答える世耕弘成経済産業相=20日、東京・霞が関の経済産業省(酒巻俊介撮影)
インタビューに答える世耕弘成経済産業相=20日、東京・霞が関の経済産業省(酒巻俊介撮影)

 輸出管理制度は国際的な信頼関係をベースに運用されるべきものです。韓国には兵器に転用される恐れがある物資の管理体制に不十分な点があり、当局間の密接な対話と信頼関係でそれを補って制度を運用してきました。しかし残念ながら、日本側の申し入れにもかかわらず3年間も当局間の協議が全く開かれなかった。確認が全く取れず改善の見込みがないので、運用を見直しました。

◇新たな規制ではない

 日本はものづくりのレベルが非常に高く、それが武器に転用されると、非常に性能のいい武器ができてしまう。ものづくり大国、平和国家を標榜する国の責任として、管理はしっかりやらないといけません。