GSOMIA破棄 日本政府が韓国の協定破棄に“大人の対応”のワケ

韓国政府による日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定に対し、冷静な対応を続ける安倍晋三首相=23日午前、首相官邸
韓国政府による日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定に対し、冷静な対応を続ける安倍晋三首相=23日午前、首相官邸

 日本政府が韓国政府による日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定に対して冷静な対応を続けるのは、日韓の情報共有が停滞しても強固な日米同盟が存在するためだ。一連の日韓関係悪化の根底には、韓国最高裁が日本企業に損害賠償を命じたいわゆる徴用工判決があり、日本政府は韓国政府に引き続き対応を求める。

 「米国の要請にもかかわらず破棄したことで一線を越えたね」

 韓国がGSOMIA破棄を決めた22日夜、安倍晋三首相は周囲にこう語った。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください