外交安保取材

韓国のGSOMIA破棄で困るのは在韓米軍 批判強める米国

訪韓中のエスパー米国防長官と握手する韓国の文在寅大統領=ソウル(AP)
訪韓中のエスパー米国防長官と握手する韓国の文在寅大統領=ソウル(AP)

 韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことに、米国政府が怒りのボルテージを上げている。GSOMIAはあくまで日韓の協定だが、破棄の影響は日米韓協力を推し進めてきた米国にも及ぶためで、韓国にGSOMIA破棄の見直しを迫る圧力は当面、日本以上に米側から強まりそうだ。

米側「失望」を連発

 「米国が自国以外の二国間協定でここまで言うのは異例だ」

 外務省関係者は、韓国政府がGSOMIA破棄の決定を発表して以降、米側から出される公式コメントをこう解説した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください

【日韓GSOMIA破棄特集】はこちら