改憲と後継育成に向けた「安定と挑戦」 阿比留瑠比

記念撮影に臨む安倍晋三首相(前列中央)と新閣僚ら=11日午後、首相官邸(納冨康撮影)
記念撮影に臨む安倍晋三首相(前列中央)と新閣僚ら=11日午後、首相官邸(納冨康撮影)

 政権の総仕上げ時期に入った安倍晋三首相(自民党総裁)による今回の内閣改造・党役員人事の狙いは、布陣を見れば明確だ。一つは、悲願の憲法改正に向けて自身をずっと支えてきた者を枢要な地位に置き、政権基盤の「安定」化を図ったことだろう。もう一つは、各派閥のポスト安倍に向け「挑戦」する立場の者を互いに競わせ、成長を促していることといえる。

 「党全体で憲法改正に向かうようにしなければならない。首相が、独りで張り切っているみたいになってはいけない」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください