安倍首相・内外記者会見詳報

(下)憲法改正「与野党の枠を超え国民の期待に応える議論を」 

トランプ米大統領(右から4人目)と一緒に協定書を披露する安倍晋三首相(同5人目)=25日、ニューヨーク(ロイター)
トランプ米大統領(右から4人目)と一緒に協定書を披露する安倍晋三首相(同5人目)=25日、ニューヨーク(ロイター)

 (中)はこちら

 【消費税、憲法、衆院解散】

 --来月1日からの消費税引き上げに伴う新たな経済対策を行う考えは。憲法改正の議論を次の国会でどのように進めていくか。どのようなタイミングで解散総選挙を行うのか

 「まず最初に、消費税につきましてですが、今回消費税を引き上げるに当たり、前回5%から8%に引き上げたときの、消費への影響がどうであったか、経済全体に対する影響、あるいは経済成長に対する影響はどうだったかということを、十分に分析した上で今回の引き上げの対策を立てたわけでありまして、例えば思い切ったポイント還元、そしてプレミアム商品券などこれまでお示ししてきた十二分の対策の実施によって、消費をしっかりと下支えをして、経済の回復基調を確かなものとしていく考えです」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください