政界徒然草

注目は「令和四武将」 新内閣で抜きんでるのは誰だ

 第4次安倍晋三再改造内閣が発足して11日で1カ月となる。安倍首相は今回、「ポスト安倍」時代にも実力者となりそうな議員を入閣させた。平成15年の衆院初当選で連続6期務める議員で、そのうち4人は氏名に戦国武将の漢字を持ち「令和四武将」ともささやかれる。

 「四武将」とは、西村康稔経済再生担当相(56)=兵庫9区、武田良太国家公安委員長(51)=福岡11区、加藤勝信厚生労働相(63)=岡山5区、菅原一秀経済産業相(57)=東京9区=の4人。15年に衆院初当選し、自民党が下野した21年衆院選も生き残り、24年の政権奪還劇を国会で経験した顔ぶれだ。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください