阿比留瑠比の極言御免

政治家の発言は免責でいいのか

記者会見で国会質問の要旨や資料などが事前流出したと説明する国民民主党の森裕子氏=16日午後、国会内(春名中撮影)
記者会見で国会質問の要旨や資料などが事前流出したと説明する国民民主党の森裕子氏=16日午後、国会内(春名中撮影)

 いかに憲法51条が「(衆参)両議院の議員は、議院で行った演説、討論または表決について、院外で責任を問われない」と免責を定めていようと、これはあんまりではないか。15日の参院予算委員会で、国民民主党の森裕子氏が行った発言のことである。

 森氏は、政府の国家戦略特区ワーキンググループ座長代理を務める原英史氏に対し、こう決めつけていた。

 「これは国家公務員だったら、斡旋(あっせん)利得収賄で刑罰を受けるんですよ」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください