野党ウオッチ

山本太郎氏は左翼か「フリースタイル」か

街頭演説を行うれいわ新選組の山本太郎代表=昨年12月18日、東京・JR新宿駅前(佐藤徳昭撮影)
街頭演説を行うれいわ新選組の山本太郎代表=昨年12月18日、東京・JR新宿駅前(佐藤徳昭撮影)

 子(ねずみ)年の政界を占う上で、れいわ新選組の山本太郎代表の存在を無視するわけにはいかない。昨年7月の参院選で比例候補中、最多の約99万票を獲得し、圧倒的な強さを見せつけた。その後、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の追及に血眼になる他の野党とは一線を画し、全国を回って自らの考えを訴え続けた。主張は左派系と重なる部分が多いが、自らを「フリースタイル」と言ってはばからない。彼は一体何者なのか。

 「政権とったらすぐやります」とのふれこみでれいわが訴えている政策に、消費税廃止、原発即時禁止のほか「『トンデモ法』一括見直し・廃止」がある。「トンデモ法」として「TPP協定、カジノ法、特定秘密保護法、安全保障関連法」などを挙げている。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください