立憲民主党・辻元清美幹事長代行「産経読者に愛される『ニュー辻元』に」ジェンダーなど強く発信

インタビューに応じる立憲民主党・辻元清美幹事長代行=24日午後、国会内(春名中撮影)
インタビューに応じる立憲民主党・辻元清美幹事長代行=24日午後、国会内(春名中撮影)

 今年の目標は2つです。1つは世界を変えるために自分を変えること、もう1つは政治家としては国民や若手議員に頼られるような姉御(あねご)を目指します。

 私の初当選は平成8年10月の衆院選で、36歳のときでした。そのときに比べて今の政治は良くなっていません。むしろ悪い方向に進んでいます。

 当時は自民党、社民党、新党さきがけが連立する第2次橋本龍太郎政権で、そこから私の政治家人生がスタートしました。自民党と与党として仕事をしていました。当時の幹部は野中広務さんら戦争を知る世代の方が多く、政治家として重みがありました。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください