政論

「国民政党」の看板が泣く 優先すべきは新型肺炎対策

衆院予算委員会で無所属・山井和則氏(左)の質問に答弁する安倍晋三首相=31日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で無所属・山井和則氏(左)の質問に答弁する安倍晋三首相=31日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 国権の最高機関である国会は予算委員会の集中審議を開いている場合なのか。中国発の新型コロナウイルスによる肺炎は世界で拡大を続け、国内でも人から人への二次感染が確認されている。

 衆院での集中審議が開かれていた31日午前、肺炎が発生した中国湖北省武漢市から在留邦人149人を乗せた3機目となるチャーター機が羽田空港に到着した。無症状の人からの三次感染も懸念される中、対策に取り組むべき安倍晋三首相をはじめ加藤勝信厚生労働相や茂木敏充外相ら閣僚は審議のため長時間、国会に拘束された。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください