京都市長選敗北、れいわ人気にかげり 野党からは不信感

山本太郎氏(左)と志位和夫氏=国会内(春名中撮影) 
山本太郎氏(左)と志位和夫氏=国会内(春名中撮影) 

 山本太郎代表率いるれいわ新選組の人気に陰りが見えてきている。2日投開票の京都市長選はれいわが本格支援に入った初の大型地方選だったが、推薦した共産系候補は力及ばず落選、政党支持率も伸び悩む。一方で、山本氏は「消費税率5%」を野党共通政策とするべく強気の構えを崩しておらず、既存野党側は警戒心を募らせている。(千葉倫之、千田恒弥)

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください