万博マネー狙え 地銀、大阪に大集結

徳島大正銀行発足のセレモニーでテープカットする吉岡宏美頭取(中央)ら=1月5日、大阪市中央区
徳島大正銀行発足のセレモニーでテープカットする吉岡宏美頭取(中央)ら=1月5日、大阪市中央区

 大阪周辺の近畿1府4県や中四国地方の地銀が、大阪への進出を加速させている。地元地域で人口や企業の減少に悩むなか、資金需要の高い大阪への進出で活路を開くのがねらいだ。ただ、競争激化で「低金利でたたき合う」消耗戦の様相も出始めており、新たな収益の柱が見つからないなか、地銀の苦悩は続く。(岡本祐大)

 ■四国4県で大阪市以下

 1月5日、大阪市内で開かれた徳島大正銀行(徳島市)の門出を祝うセレモニー。旧徳島銀行出身の吉岡宏美頭取は「合併公表以降、数百回の会議をこなしてこの日を迎えた。地域の発展に貢献できる銀行を目指す」と強調した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください