首相「春休みまでだ」 政治決断の背景…混乱覚悟で官僚叱咤

 閣議に臨む(左から)茂木外相、安倍首相、麻生財務相=28日午前、首相官邸
 閣議に臨む(左から)茂木外相、安倍首相、麻生財務相=28日午前、首相官邸

 安倍晋三首相が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、全国の小中学校などへ臨時休校を要請したのは、混乱や批判を覚悟の上での政治決断だった。説明を尽くし、社会や経済などへの影響を抑え、事態を収束させるという「結果」を出せるかが問われる。

 「極めて切迫した時間的制約のなか、最後は政治が全責任を持って判断すべきと考え、決断を下した」

 首相は28日の衆院予算委員会で、こう強調した。首相周辺は「リスクを計算したうえで、首相が判断した」と語った。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください