阿比留瑠比の極言御免

民主政権 遅かった震災対応

事故から9年を迎えた東京電力福島第1原発。今なお廃炉作業が続く=11日午後5時55分
事故から9年を迎えた東京電力福島第1原発。今なお廃炉作業が続く=11日午後5時55分

 平成23年に起きた東日本大震災から9年となった11日は、朝からテレビ各局が震災特集を放映していた。それらを眺めつつ、混乱を極め、全てが滞ってみえた当時のメモを読み返した。

 折しも11日付本紙の「主張」欄は大震災5カ月前の22年10月に、当時の菅直人内閣が中部電力浜岡原発(静岡県)の全電源喪失を想定した原子力防災訓練を行っていたことを指摘していた。東京電力福島第1原発事故と類似していたにもかかわらず、菅首相が後に国会で「詳しい内容は記憶していない」と述べるなど、訓練が形骸化していた問題である。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください