辺野古訴訟で沖縄県の敗訴確定 玉城デニー知事、軍事論に活路も限界

 最高裁判決を受け、記者会見する沖縄県の玉城デニー知事=26日午後、沖縄県庁
 最高裁判決を受け、記者会見する沖縄県の玉城デニー知事=26日午後、沖縄県庁

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐる訴訟で国の勝訴が確定したことで、政府は辺野古の軟弱地盤改良のための設計変更を近く県に申請する。県が認めない場合、政府は法的対抗措置をとる方針で、辺野古移設に反対する県は窮地に立たされた形だ。玉城デニー知事は米海兵隊沖縄駐留の軍事的必要性を否定することで世論にアピールしたい考えだが、見通しは明るくない。

 防衛省は昨年末の段階から、最高裁判決で勝訴が確定した後に軟弱地盤の設計変更を申請する方針を固めていた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください