医療逼迫にらみ 緊急事態宣言決断した首相 阿比留瑠比

新型コロナウイルス感染症対策本部で7日に緊急事態宣言の発令と緊急経済対策を行うことを表明する安倍晋三首相=6日午後、首相官邸(春名中撮影)
新型コロナウイルス感染症対策本部で7日に緊急事態宣言の発令と緊急経済対策を行うことを表明する安倍晋三首相=6日午後、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相が緊急事態宣言を行うと決断したのは、東京都をはじめとする新型コロナウイルス感染者数の急増と、それによる医療体制の逼迫(ひっぱく)を受け、都道府県知事により強い権限を与える必要があると判断したからだ。首相は4日夜、宣言の意義についてこう周囲に語っていた。

 「一番大きいのは、ホテルなどを野戦病院のように使用できることだ」

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください