「ヒロイン」演出の小池氏、危機感募らせる政府…休業要請でギリギリの攻防

記者会見に臨む小池百合子都知事=10日午後、東京都新宿区の東京都庁(佐藤徳昭撮影)
記者会見に臨む小池百合子都知事=10日午後、東京都新宿区の東京都庁(佐藤徳昭撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を受けた東京都による事業者への休業要請をめぐり、政府と都の調整は難航した。小池百合子都知事は当初、幅広く施設使用を制限する「ロックダウン(都市封鎖)のような案」(政府関係者)を示し、政府は法体系上の限界を丁寧に説明し続けた。政府は経済の低迷や混乱も危険視した。

 「クールビズのときみたいに、トップダウンでやらなきゃダメなのよ」

 小池氏は9日夜、内閣府で、緊急事態宣言を定めた改正新型インフルエンザ等対策特別措置法を担当する西村康稔(やすとし)経済再生担当相と会談し、環境相時代に自らが主導して実現した政策を持ち出して語った。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください