埋没する立民・枝野氏 政策提案で国民・玉木氏に遅れ 支持率も低迷

衆院予算委員会で質問する立憲民主党・枝野幸男代表=28日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)
衆院予算委員会で質問する立憲民主党・枝野幸男代表=28日午前、国会・衆院第1委員室(春名中撮影)

 立憲民主党の枝野幸男代表は28日の衆院予算委員会で質問に立ち、新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査の拡大などを訴えた。政府への批判は極力抑え、政策提案を優先した背景には、野党第一党として政権担当能力を示す狙いがある。ただ、政策提言では国民民主党の玉木雄一郎代表らに先を越されており、埋没感は否めない。

 「第二次世界大戦終結後、最も深刻な危機の中にある。この難局を乗り切るため、必要なことは与野党の違いを越えて協力を惜しまない」

 枝野氏は予算委でこう述べ、野党としても政府が進める新型コロナ対策に協力する考えを示した。

 予算委は、2カ月ぶりに安倍晋三首相との直接対決の場となったが、批判を強めたのは国民1人当たり10万円の現金給付を決めた政府・与党の混乱などに限った。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください