櫻井よしこ 美しき勁き国へ

現行憲法で国民守れるか

櫻井よしこ氏
櫻井よしこ氏

 まさに国難の連続だ。中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスは単なる衛生上の問題から、安全保障問題に発展しつつある。日本はウイルスの脅威からも中国の軍事的脅威からも国民を守れる国にならなければならない。日本国の在り方の総ざらえと戦後体制の修正が急務だ。

 4月7日の緊急事態宣言から約1カ月、安倍晋三首相は緊急事態宣言の延長を表明した。わが国の対応は生真面目だが遅い。努力するがあと一歩を詰め切れない。詰め切る力を決定的に欠いているのが緊急事態宣言だが、その修正、すなわち罰則規定追加の議論も遅い。かくして休業の要請にも、店名の公表にも、従う義務をもつ「指示」にも従わず、5月3日も営業したパチンコ店がある。国民各層の協力なしには課題は解決されず、国民の良識に頼りきりなのが日本国であるのに、だ。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください