世界裏舞台

作家・佐藤優 9月入学にかじを切れ

緊急事態宣言の延長を表明し、国民に対しさらなる協力を呼びかける安倍晋三首相=4日午後、首相官邸(春名中撮影)
緊急事態宣言の延長を表明し、国民に対しさらなる協力を呼びかける安倍晋三首相=4日午後、首相官邸(春名中撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う全国を対象とする緊急事態宣言の期限が、当初予定の今月6日から31日まで延長された。感染拡大の抑制と経済に与える悪影響を極小化することが焦眉の課題である。同時に日本の未来に大きな影響を与える教育についての配慮が重要だ。

 4日の会見で、安倍晋三首相は「(第2次)安倍晋三政権は発足以来、第1次政権もそうですが、教育に力を入れてまいりました。その中で、こうした緊急事態において学びの場が奪われてしまっている。子供たちがみんなで一緒に勉強したり遊んだり、ともに時間を過ごす、貴重な時間が失われてしまっていること、本当に残念であります。そしてその中で、子供たちの学びに著しい遅れが生じることがあってはなりませんし、また、地域によって格差が生まれることがあってはならないと思います」(4日の産経ニュース)と述べた。筆者も安倍首相と認識を共有する。

 感染状況がそれほど深刻でない地域では対面授業が再開されることになろう。東京や大阪など感染拡大が収束しない地域における対面授業の即時再開は難しいと思う。その結果、必然的に地域間の教育格差が生まれる。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください