野党、反対ツイートを利用 検察官定年延長 採決に徹底抗戦

衆院内閣委員会での武田良太担当相の答弁をめぐり紛糾、退席し、記者団の質問に答える(左から)野党共同会派の今井雅人氏、国民民主党・後藤祐一氏、大島敦氏、立憲民主党・黒岩宇洋氏ら=13日午前、国会内(春名中撮影)
衆院内閣委員会での武田良太担当相の答弁をめぐり紛糾、退席し、記者団の質問に答える(左から)野党共同会派の今井雅人氏、国民民主党・後藤祐一氏、大島敦氏、立憲民主党・黒岩宇洋氏ら=13日午前、国会内(春名中撮影)

 検察官の定年を延長する検察庁法改正案をめぐって、与野党の神経戦が激しくなっている。野党は政府による恣意(しい)的な人事が可能になるとして検察幹部の定年を延長する規定の削除を求め、採決に徹底抗戦する構えだ。一方、与党は削除には応じず、今国会で改正案の成立を目指す方針を崩していないが、当初の想定に狂いも見える。

 立憲民主党や国民民主党など野党4党の党首は13日、国会内で会談し、延長規定が削除されなければ衆院内閣委員会での採決を認めない方針を確認した。野党は延長規定の削除などの修正案を示しており、立民の枝野幸男代表は記者団に「提案を一顧だにせず、強引に推し進めることは断固容認できない」と訴えた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください