「#福山哲郎議員に抗議します」 立民が新型コロナでネット発信強化も…抗議され謝罪

参院予算委員会で答弁を行う政府専門家会議・尾身茂副座長。左は安倍晋三首相、右は立憲民主党・福山哲郎幹事長=11日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)
参院予算委員会で答弁を行う政府専門家会議・尾身茂副座長。左は安倍晋三首相、右は立憲民主党・福山哲郎幹事長=11日午後、国会・参院第1委員会室(春名中撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、立憲民主党がインターネットやSNS(会員制交流サイト)を通じた情報発信を強化している。ツイッター上で広がった検察庁法改正案への抗議のように、ネット世論を味方につけることも期待できるからだ。党幹部から若手まで野党第一党の存在感を示そうと必死だが、批判を受けて謝罪に追い込まれるケースも目立つ。

 「敬意を持って質問していたつもりだが、言葉も含めて厳しい口調になった。私の本意ではなかった。おわび申し上げたい」

 立民の福山哲郎幹事長は13日、自身のネット番組で、11日の参院予算委員会で政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の尾身茂副座長に強い口調で質問したことを謝罪した。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください