「命も経済も」二兎追い作戦に移行 回復足掛かり逃さず

新型コロナウイルスの流行を受けた緊急事態が解除された大阪。ニュースを流す繁華街の道頓堀の街頭ビジョン=21日午後7時1分、大阪市中央区 (安元雄太撮影)
新型コロナウイルスの流行を受けた緊急事態が解除された大阪。ニュースを流す繁華街の道頓堀の街頭ビジョン=21日午後7時1分、大阪市中央区 (安元雄太撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い政府が発令した緊急事態宣言は、大都市圏の大阪、京都、兵庫の近畿3府県を前倒しで解除したことで、最大の焦点である東京都を含めた期限内の全面解除に向けて大きく前進した。大型連休後に人出が増えたこともあり、各自治体の今後の新規感染者数は増える可能性はあるが、政府は医療提供体制を強化し、「命も経済も」の二兎(にと)追い作戦で経済をいち早く回復軌道に乗せたい考えだ。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください