政治デスクノート

与党が早期解散に否定的なワケ 「青木の法則」には届かず

 安倍晋三内閣の支持率が報道各社の世論調査で急落している。今年に入って、新型コロナウイルスへの対応で下落傾向にあったが、黒川弘務前東京高検検事長をめぐる問題が拍車をかけた形だ。危険水域とされる30%以下にはまだまだだが、野党には新型コロナの感染が収束すれば首相が解散に打って出るとの憶測も流れる。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください