続・防衛最前線

20式5.56ミリ小銃 31年ぶりの新型 求められたフィット感

自衛隊が31年ぶりに導入した新型アサルトライフル「20式5.56ミリ小銃」=東京・市谷の防衛省
自衛隊が31年ぶりに導入した新型アサルトライフル「20式5.56ミリ小銃」=東京・市谷の防衛省

 迷彩柄の戦闘服と鉄製ヘルメット姿の陸上自衛隊員が地面に片膝を付き、アサルトライフル(自動小銃)を構える。「ドッ、ドッ、ドッ」と射撃しながら荒野を前進していく-。国防の最前線といえばそんな光景が思い浮かべる人も多いだろう。訓練でもよく見る光景だが、今年度、31年ぶりのアサルトライフルの新型「20式5.56ミリ小銃」が導入された。

 陸自では国産装備品の名称に導入年度を冠するケースが多い。今回の20式小銃は3代目で、2020(令和2)年度なので20式。初代は64式、2代目は89式である。

 陸自は20式を報道陣に公開した。従来型からどこが変わったのだろうか。

 「取り回し(手に持ちながらの取り扱い)がだいぶ良くなり、フィット感も増してちょうどいいですね」

 普通科部隊で89式小銃を使用してきた陸自幹部は20式小銃を手に取り、こう解説した。

 手狭な市街地戦で小回りが利く銃のコンパクト化が世界的な傾向だが、20式も89式(92センチ)より短くなった。-というだけではない。注目すべきなのは、銃の長さを78センチから85センチまで5段階調整できる機能だ。

 隊員個々の体格に合わせ、最後尾の肩に当てる部分(床尾(しょうび))の長さを変えられる。自衛隊には女性も増えている。大柄な男性が使いやすい長さの銃は小柄な女性には大きすぎるし、その逆もしかりである。

 また、構えたときに頬に当てる部分(ストック)の高さも3段階で微調整できる。顔の形も人それぞれ。「頬付け」のフィット感は、実際に使う隊員にとっては非常に重要らしい。

 前出の陸自幹部は「頬付けや肩当てが自分にフィットするので構えが安定し、命中精度が上がる」と語る。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください