河井夫妻逮捕 リベンジ狙う岸田派 与野党、補選へ思惑交錯

 前法相の衆院議員、河井克行容疑者(57)=広島3区=と妻の参院議員、案里容疑者(46)=広島選挙区=が公職選挙法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕された事件を受け、政界では夫妻が占める2議席の行方に関心が集まっている。自民党では、両容疑者の失職や議員辞職によって補欠選挙となることを想定し、昨年の参院選で案里容疑者に敗れたベテラン前議員が所属する岸田派(宏池会)が、リベンジも込め候補擁立に意欲を示す。

 「衆参ともに失職したら両方とも宏池会で候補者を立てるべきだ」

 18日に東京都内で開かれた岸田派の会合では、所属議員がこう主戦論を唱えた。出席した若手は「派内から候補を出すことに『異論なし』という雰囲気だ。有権者を裏切ったので、信頼回復に努めないといけない」と語る。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください