ポスト安倍の夏

石破茂元幹事長 「ロック外し」で変化 国会議員への支持拡大図る

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う移動の自粛が解除され、地方遊説を始めた自民党の石破茂元幹事長=21日午後、大阪府羽曳野市
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う移動の自粛が解除され、地方遊説を始めた自民党の石破茂元幹事長=21日午後、大阪府羽曳野市

 梅雨特有の曇天ながら、さわやかな風に包まれた21日の大阪府羽曳野市。自民党元幹事長の石破茂はスーパーの駐車場近くで、7月の市長選に出馬予定の新人のためにマイクを握った。

 「いつの時代も国を変え、歴史を変えるのは地方だ。権力者ではなく、庶民、大衆が歴史を変え、国を変えるのだ」

 石破が生き生きとしていたのには訳がある。新型コロナウイルス対策として都道府県境をまたぐ移動の自粛が解禁されるまで、約3カ月も地方行脚を自粛していたからだ。

 「次期首相候補の呼び声が一番高い」と紹介されると、石破は手を振って謙遜しつつ、笑顔を浮かべた。演説後は、集まった約300人の聴衆に駆け寄り、握手の代わりの「肘タッチ」などに応じた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください

■【ポスト安倍の夏】岸田文雄政調会長 支持拡大へ 必要なのは「情念」

■【ポスト安倍の夏】菅義偉官房長官 頂点かキングメーカーか カギは首相との連携

■【ポスト安倍の夏】河野太郎防衛相 「常識欠ける」も変化の兆し イージス停止で謝罪行脚

■【ポスト安倍の夏】西村康稔経済再生担当相 コロナ対策の「顔」急浮上