ポスト安倍の夏

菅義偉官房長官 頂点かキングメーカーか カギは首相との連携の有無

記者会見する菅官房長官=26日午後、首相官邸
記者会見する菅官房長官=26日午後、首相官邸

 「あれ、知らなかったんだよねぇ…」

 新型コロナウイルスの感染が全国に広がり、緊急事態宣言下にあった4月半ば。官房長官の菅義偉(すが・よしひで)は、自民党の若手議員を前に言葉を選びながらもこうつぶやいた。

 「あれ」とは、全世帯への布マスク配布と、シンガー・ソングライター、星野源が歌う姿に首相(自民党総裁)の安倍晋三が自宅でくつろぐ様子を重ねた動画をネット配信したことだ。

 菅は小中高校などの全国一斉休校でも最終決定の場にいなかった。政権の中枢で7年半にわたり危機管理を担ってきた菅が、重要な局面での首相判断に関わっていないのは異例だ。

 「安倍と菅の間にすきま風が吹いている」

 こうした声が永田町周辺でささやかれた。菅の側近議員はこう指摘する。

 「菅さんは首相を決して悪く言わないし、本人同士の関係が悪いわけではない。ただ、首相の周辺に対しては少し思うところがあるようだね」

 その微妙な距離感は、今月11日の記者会見でも垣間見えた。安倍が菅との関係を「一心同体」と表現したことに関し、「安倍政権に最後まで添い遂げる決意か」と質問された菅は、淡々とこう答えた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください

■【ポスト安倍の夏】石破茂元幹事長 「ロック外し」で変化 国会議員への支持拡大図る

■【ポスト安倍の夏】岸田文雄政調会長 支持拡大へ 必要なのは「情念」

■【ポスト安倍の夏】河野太郎防衛相 「常識欠ける」も変化の兆し イージス停止で謝罪行脚

■【ポスト安倍の夏】西村康稔経済再生担当相 コロナ対策の「顔」急浮上