改憲論議に期待も自民大阪系は恐々…首相と吉村知事が会談 

安倍晋三首相へ新型コロナウイルス感染対策などの要望書を手渡す吉村洋文大阪府知事(左)=14日午後、首相官邸(春名中撮影)
安倍晋三首相へ新型コロナウイルス感染対策などの要望書を手渡す吉村洋文大阪府知事(左)=14日午後、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相は14日、大阪府の吉村洋文知事(日本維新の会副代表)と官邸で会談した。会談では、感染者が再び増加傾向にある新型コロナウイルス対策について協力を確認、早期の憲法改正が望ましいとの立場でも一致した。首相と吉村氏の会談は初めて。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官も同席した会談の冒頭で、吉村氏は「何とか第2波を抑えたい。法改正も含めた提案をしたい」と発言。首相は「しっかり協力をしながら、クラスター(感染者集団)対策を徹底して感染拡大をなんとか押さえ込んでいきたい」と強調した。

 吉村氏は、クラスター発生か、発生の疑いがある施設や地域に対策を義務付け違反者の営業を規制する「実効性のある対策」を提案し、首相は「問題意識は共有している」と応じた。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください