戦後75年 資本主義(3)

貧困層は置き去り 中国、異形の社会主義市場経済

 「今年の中国経済はプラス成長を達成できる」

 中国首相の李克強(り・こくきょう)は5月28日、全国人民代表大会(全人代)終了後の記者会見でこう強調した。新型コロナウイルスの感染拡大により経済の先行きが不透明なため、2020年の国内総生産(GDP)成長率目標の設定を見送る異例の対応をとったが、ある程度のプラス成長は目指すと宣言した形だ。

 中国経済に詳しいエコノミストは「全人代で表明された経済政策からは『経済成長をあきらめない』というメッセージを感じた」と指摘する。経済成長にこだわるのは、それこそが共産党政権の屋台骨を支えているからに他ならない。