阿比留瑠比の極言御免

慰安婦問題の虚構と韓国社会 

韓国・平昌にある「韓国自生植物園」に設置された慰安婦像(左)と当初、安倍晋三首相を模したとされた像=7月28日(ロイター)
韓国・平昌にある「韓国自生植物園」に設置された慰安婦像(左)と当初、安倍晋三首相を模したとされた像=7月28日(ロイター)

 中国・武漢発の新型コロナウイルスの世界的流行、覇権を追求する中国と緊迫の度を高める米中関係、日本の命運にも少なからず影響を与えるであろう米大統領選…と、国際社会は今、重大な岐路に立つ。そんな中で、面倒くさいばかりで優先順位の低い韓国のことなどどうでもよくなり、当欄ではここ10カ月ほど取り上げてこなかった。

 ただ、この間にも慰安婦問題をめぐっては大きな注目すべき動きがあった。