地上イージス装置洋上転用は技術面で懸念 「国防の大局から考えるべきだ」

自民党国防部会などの会合であいさつする岸防衛相=24日午前、東京・永田町の党本部
自民党国防部会などの会合であいさつする岸防衛相=24日午前、東京・永田町の党本部

 政府は地上配備型迎撃システム「イージス・アショア(地上イージス)」の代替策として示した「移動式の洋上設備」の中でも、護衛艦か商船の船体を活用した弾道ミサイル迎撃の専用艦建造案を軸に検討を進めている。米側と契約済みの地上イージス用装置の転用を優先しているためだ。本来は地上用の装置を洋上で使う試みで、技術面で強い懸念が指摘されている。

 24日の自民党国防部会・安全保障調査会の合同会議では、政府の説明に対し出席者から懸念が噴出した。