加藤官房長官、訪沖の真の狙いは…竹下派ゆかりの地で見据える先

沖縄県那覇市の米軍那覇港湾施設(那覇軍港)を視察する加藤勝信官房長官=10日午後、那覇市(千田恒弥撮影)
沖縄県那覇市の米軍那覇港湾施設(那覇軍港)を視察する加藤勝信官房長官=10日午後、那覇市(千田恒弥撮影)

 就任後初めて沖縄県を訪れた加藤勝信官房長官は10日、米軍基地などの上空視察や玉城デニー知事ら関係者との会談を精力的にこなした。加藤氏が所属する平成研究会(竹下派)は沖縄との関わりが深く、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の全面返還に道筋をつけた橋本龍太郎元首相も平成研だった。約20年ぶりの平成研出身の官房長官となった加藤氏だが、ゆかりの沖縄で見据えるのは…。

 「地元の皆さんのご理解をいただく努力を続けながら、一日も早い全面返還の実現、基地負担の軽減に向けて全力で取り組みたい」

 基地負担軽減担当相も兼務する加藤氏は10日の玉城氏との会談で、改めて普天間飛行場の名護市辺野古移設に決意を示した。