政治月旦

日本学術会議は「中立」なのか

 日本学術会議の新会員6人の任命を菅義偉(すが・よしひで)首相が見送ったことに、立憲民主党や共産党などが強く反発している。「首相による会員の任命行為は形式的」「推薦された者をそのまま任命する」とした昭和58年の政府答弁を挙げて、今回の対応は「違法」で「学問の自由への侵害」だと批判する。

 反対論は野党のみならず、当事者の学術会議をはじめ学者の世界を巻き込んで広がっている。冷静に考えれば、任命見送りは学者としての活動を断ち切るものなどではなく、直ちに「学問の自由」の侵害につながる理屈は分からない。だが、とりわけ野党が猛反発するのは、何か他に理由があるに違いない。そこで過去の国会議事録を調べたところ「なるほど」とひざを打った。

有料会員向け記事こちらは有料会員記事です (会員サービスについて)

産経ニュース会員(無料)に登録している方は、ログイン後に有料会員登録を行ってください