から(韓)くに便り

日韓関係打開へ「頭の体操」

出邸する菅義偉首相。韓国では日本の政権交代による“変化”に期待する声があるが・・・=10月26日午前、首相官邸(春名中撮影)
出邸する菅義偉首相。韓国では日本の政権交代による“変化”に期待する声があるが・・・=10月26日午前、首相官邸(春名中撮影)

 冷え切った日韓関係の打開に向け、韓国では日本の政権交代による“変化”に期待する声がある。しかし菅義偉(すが・よしひで)首相は、関係悪化の直接的原因であるいわゆる徴用工問題をめぐり、韓国国内で差し押さえられた日本企業の資産が「現金化される事態になれば、きわめて深刻な状況を招く」と語るだけで、今のところことさら新たな動きはない。

 韓国側も最近、訪韓した日韓議員連盟の河村建夫幹事長に与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表(前首相)が「お互い知恵をしぼろう」といっている程度で、打開への積極的な姿勢は見えない。