日豪「準同盟」深化へ 高まる対中危機感共有

日豪首脳会談に臨む菅首相(右端)とオーストラリアのモリソン首相(左端)=17日午後、首相官邸
日豪首脳会談に臨む菅首相(右端)とオーストラリアのモリソン首相(左端)=17日午後、首相官邸

 菅義偉首相とオーストラリアのモリソン首相が17日の会談で、自衛隊と豪軍の相互訪問を円滑にする協定の締結に大枠で合意したのは、「準同盟」とも呼ばれる「特別な戦略的パートナーシップ」をさらに強化する必要性で一致したからだ。日本と同様にオーストラリアも中国の海洋進出に強い危機感を持っており、日豪両政府は防衛協力を一層、深化させたい考えだ。