日本、中国台頭にらみ自由貿易推進 米のTPP復帰に布石

APEC首脳会議に関連し、オンライン方式で開かれた各国企業トップらの会合にビデオメッセージを寄せる菅義偉首相
APEC首脳会議に関連し、オンライン方式で開かれた各国企業トップらの会合にビデオメッセージを寄せる菅義偉首相

 アジア太平洋経済協力会議(APEC)で日本が重視したのは自由貿易体制の強化だ。政府は米国の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)復帰もにらみつつ、経済連携の枠組みを重層的に築いていくことで、日本が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」を推進し、台頭する中国に対峙(たいじ)する狙いだ。

 「自由貿易体制の発展は重要だ。引き続き主導的な役割を果たしていきたい」

 茂木敏充外相は20日の記者会見で、日本がTPPや日米貿易協定、欧州連合(EU)や英国との経済連携協定(EPA)などをまとめ上げてきたことに言及した上で、こう語った。