学術会議改革越年へ 求められる政府の毅然とした対応

 日本学術会議を訪れ、梶田隆章会長(右)と会談する井上科技相=24日午後、東京都港区
 日本学術会議を訪れ、梶田隆章会長(右)と会談する井上科技相=24日午後、東京都港区

 日本学術会議の在り方をめぐる改革は、来年以降に結論が持ち越された。政府は学術会議との徹底的な対立は避け、来年4月に開かれる総会までは学術会議側の動きを見守る方針だ。ただ、自民党はあくまで政府組織から切り離すよう提言しており、政府内には「学術会議側の検討や報告が不十分ならば、自民党の提言に沿った方向に進むだけだ」との強硬論もある。