2021衆院選

予算成立後、通常国会後、五輪後…衆院解散のタイミングは 

 菅義偉(すが・よしひで)首相(自民党総裁)は、衆院議員の任期満了を迎える10月21日までに衆院解散・総選挙の時期を探る。与党内では、首相が早期解散を見送り、新型コロナウイルス対策や経済対策の裏付けとなる予算案を成立させ、デジタル庁創設などの実績を掲げて夏以降に解散を断行するとの見方が強い。大きく3つのパターンが考えられる。

「秋のどこかで…」本音か否か

 「秋のどこかで衆院選を行わなければならない」

 首相は4日の記者会見でこう語った。直後に「秋までのどこか」と訂正したが「本音が出た」「奇襲があるのでは」など、与野党の反応はさまざまだった。