政治デスクノート

開催0分の特別委も 鈍い国会、機能するのか

本格論戦がスタートした衆院予算委員会=25日午前、衆院第1委員室(春名中撮影)
本格論戦がスタートした衆院予算委員会=25日午前、衆院第1委員室(春名中撮影)

 18日に召集された第204通常国会は代表質問が終わり、25日には衆院で予算委員会が始まった。首相と全閣僚が出席する衆参の予算委員会の質疑はテレビ中継されることが多い。また、予算は政府のあらゆる収入や支出が定められるため、質疑の内容も多岐にわたり、政府・与党の不祥事や首相の政治姿勢も取り上げられ、注目度が高い。今秋までに実施される衆院選をにらみ、与野党の攻防が過熱しそうだ。

 予算委は衆参両院にある17の常任委員会の一つで、人数は衆院50人、参院45人と常任委の中で最も多い。与野党の思惑がぶつかり、首相や閣僚の答弁をきっかけに審議が止まることもしばしばで、予算委員長の人選はその国会の行方を左右する。