小林史明大臣補佐官 ワクチン接種新システム「リアルタイムで情報を提供」

インタビューに答えるワクチン担当の河野大臣の補佐官を務める小林史明衆院議員=5日、東京・永田町の内閣府(酒巻俊介撮影)
インタビューに答えるワクチン担当の河野大臣の補佐官を務める小林史明衆院議員=5日、東京・永田町の内閣府(酒巻俊介撮影)

 小林史明ワクチン担当大臣補佐官は5日、産経新聞のインタビューに応じ、新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、政府が構築を進める新たな情報連携システムを使い、接種を効率的に行い、国民に正確かつ迅速に情報を伝えることの重要性などを語った。

--河野太郎ワクチン担当相の補佐官として新型コロナウイルス対策にどう取り組むか

 「新型コロナの感染収束に最も重要なプロジェクトの一つがワクチン接種だ。円滑に進めるために国民の不安を取り除き、経済を再開できるという希望を持ってもらうことが最大の目的だ。新たな情報連携システムを作り、国民の不安や心配にリアルタイムで応えられるようにしたい。国民に情報を正確に出すことが重要だ」