「領域警備法」で政府・自民に温度差 海警法施行で中国の脅威高まる中 

手前から南小島、北小島、魚釣島=沖縄・尖閣諸島(鈴木健児撮影) 
手前から南小島、北小島、魚釣島=沖縄・尖閣諸島(鈴木健児撮影) 

 中国海警局に武器使用の権限などを定めた海警法が施行されたことを受け、自民党内で尖閣諸島(沖縄県石垣市)防衛を念頭に置いた「法律戦」の重要性を指摘する声が高まっている。自衛隊が海上保安庁と同様に領海侵入などに対処できる「領域警備法」の整備に焦点が当たっているが、政府内には偶発的な衝突を招きかねないなどとして慎重論が根強く、実現は見通せていない。

ステージが変わった

 「領域警備法のたたき台をつくっていきたい」