河野担当相「5月になれば毎週1000万回近い量が入ってくる」 コロナワクチン、一問一答

インタビューに応じる河野太郎行政改革担当相=18日午後、東京都千代田区(松井英幸撮影)
インタビューに応じる河野太郎行政改革担当相=18日午後、東京都千代田区(松井英幸撮影)

 河野太郎ワクチン担当相は19日までに産経新聞の単独インタビューに応じ、新型コロナウイルスワクチンに関し「5月には多分、供給のボトルネック(目詰まり)はなくなる」と述べ、国内の供給が円滑になるとの見通しを示した。

 河野氏との主なやりとりは次の通り。

 --ワクチン担当相を兼務して約2カ月。一番意識したことは

 「自治体にフレキシブル(柔軟)に、やりやすいようにやってもらうためにはどうしたらいいのかというのが、やはり一番大きい。全国知事会をはじめ全国市長会、全国町村会などいろんな要望が上がってくるので、なるべく要望に応えようと思っている」

 --菅義偉(すが・よしひで)首相の指示は

 「首相は『スピードアップはどれぐらいできるんだ』っていうから、『頑張ります』と(答えている)。毎回でもないが、結構言われる」